診療案内(予防接種)|豊田市の小児科キッズクリニックサンタ

〒473-0914 愛知県豊田市若林東町宮間15-20
0565-51-1155
  • WEB予約
  • LINE
ヘッダー画像

予防接種

診療案内(予防接種)|豊田市の小児科キッズクリニックサンタ

WEB予約

予防接種スケジュールについて

予防接種スケジュールについて

予防接種のスケジュール計画はなかなか難しいものです。当院では、スケジュールの例となる表をお配りしております。

予防接種(ワクチン)スケジュール表ダウンロードはこちら。

ワクチンについて詳しく知りたい方はこちら。

KNOW VPD!

水痘ワクチンの定期接種Q&A

水痘の定期接種は何歳でどのように受けるのですか?

水痘ワクチンの定期接種は、生後12月から生後36月に至るまでの間にある方(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日までの方)を対象としています。
2回の接種を行うこととなっており、1回目の接種は標準的には生後12月から生後15月までの間に行います。
2回目の接種は、1回目の接種から3月以上経過してから行いますが、標準的には1回目接種後6月から12月まで経過した時期に行うこととなっています。
また、平成26年度に限り(平成26年10月1日から平成27年3月31日まで)、生後36月に至った日の翌日から生後60月に至までの間にある方(3歳の誕生日当日から5歳の誕生日の前日までの方)も定期接種の対象とすることとしています。
この場合、1回(この1回には、生後36月以前に接種したワクチンも含まれます)水痘ワクチンを接種することとしております。
なお、これまで任意で接種された回数も考慮して接種回数が決まります。
また、水痘を発症したことがある方はすでに免疫を持っているので、接種する必要はありません。

なぜ3歳、4歳の者(特例措置の対象者)は水痘ワクチンを一回しか受けなくていいのですか?

今回、生後12月から生後36月に至るまでの間にある方への水痘の定期の予防接種を導入した場合、社会的に水痘の流行が減少することが期待されます。
そうすると、水痘への自然暴露の機会が減少することにより、罹患歴がなく、かつ、ワクチンを接種していない方については、免疫を持たないまま成人へ成長するおそれがあります。
成人は水痘の重症化リスクが比較的高いとされているため、このようなことは望ましくありません。
今回の特例措置は、罹患歴及び接種歴のない生後36月から生後60月に至るまでの間にある方(概ね3歳、4歳の方)について、このようなリスクを減らすために実施するものです。
水痘ワクチンは1回の接種により重症の水痘はほぼ100%予防できると考えられるため、特例措置の対象者については、1回の接種をすることとしています。

すでに水痘ワクチンを接種したことがありますが、定期接種はどのように受ければよいですか?

すでに任意接種として接種した水痘ワクチンについては、定期接種を受けたものとみなして、それ以降の定期接種を受けていただくこととなります。
具体的には、

  • 生後12月以降に3月以上の間隔をおいて2回接種を行っている方:
    すでに定期接種は終了しているものとみなされ、定期接種の対象とはなりません。
  • 生後12月以降に1回の接種を行っている方:
    1回の定期接種を行っているものとみなされます。生後12月から生後36月に至るまでの間にある(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)場合は、過去の接種から3月以上の間隔をおいて一回の接種を行います。
    生後36月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にある(3歳の誕生日から5歳の誕生日の前日まで)場合は、定期接種を終了しているものとみなされ、定期接種の対象とはなりません。

  • 生後12月以降に2回接種を行っているが、その間隔が3月未満である方:
    1回の定期接種を行っているものとみなされます(3月以上の間隔をおいていないため、2回の定期接種を行っているものとはみなされません。)。
    生後12月から生後36月に至るまでの間にある(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)場合は、過去の1回目の接種から3月以上(2回目の接種から27日以上)の間隔をおいて1回の接種を行います。
    生後36月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にある(3歳の誕生日から5歳の誕生日の前日まで)場合は、定期接種を終了しているものとみなされ、定期接種の対象とはなりません。

取扱ワクチンについて

定期接種
不活化ワクチン ヒブ(インフルエンザ菌b型)
小児用肺炎球菌
四種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
日本脳炎
二種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)
子宮頸がん
B型肝炎
生ワクチン みずぼうそう(水痘)
BCG
MR(麻しん、風しん混合ワクチン)
ロタウイルス
任意接種
不活化ワクチン インフルエンザ
髄膜炎菌ワクチン
生ワクチン おたふくかぜ

髄膜炎菌ワクチン
アメリカやカナダ、特にアフリカの“髄膜炎ベルト”と言われるサハラ砂漠より南側のセネガルからエチオピアにかけた国々、中東に渡航予定がある方は接種をおすすめいたします。
対象者は2歳から55歳の方で、1回接種で5年間持続します。髄膜炎菌感染症は10代後半に感染のピークがあります。発症から24〜48時間以内に5~10%が死亡し、回復しても、約10~20%の方が難聴や神経障害、循環不全による壊死が原因で手足の切断などの後遺症が報告されています。

接種を受けられる患者様へ

接種を受ける際は必ず母子手帳と接種券をお持ちください。
(母子手帳と接種券が無いと接種が受けられません。)

PAGE top